smoking-stop

【禁煙】1ヶ月達成!期間別の効果と対策をまとめてみた

smoking-stop

なんか気づけば禁煙1ヶ月を達成したので記録として。

前回、禁煙専門家、アレン・カーの著書である『禁煙セラピー』を漫画化した、『マンガで読む禁煙セラピー』のレビュー記事を書きました。

本読んでタバコやめれるんだったら、とっくに禁煙してるわ!って軽い気持ちで読んでみたんですが、驚くことに1ヶ月くらい禁煙できてます。

3日くらいでニコチンは体から抜けきるらしいし、人によっては禁煙成功!って見なしても良い期間だと思うんですが、どうなんですかね。まだだめ?

さて、今回こんな記事を書くのは、また急激にタバコが吸いたくなってきたからです。

誰かに勧められたら「一本くらいかまへんやろ」と思わず吸ってしまいそうなので、1ヶ月禁煙をして良かった事をまとめてきます。初心に帰らないとやばそう。

2週間を超えた辺りからほとんど吸いたい気持ちは無くなってたんですが、依存症は恐ろしいですね……。

【禁煙1〜3日目】地獄の離脱症状

drugs-smoking

巷でよく言われているメリットもついでにまとめていきます。

  • 数十分で手足の皮膚温が上昇、血圧の正常化
  • 24時間で心臓発作のリスクが軽減
  • 二日で嗅覚と味覚が回復し始める

次にデメリット。全て離脱症状によるものです。

  • 死にたくなるほどタバコを吸いたい
  • イライラして集中できない

減煙や短期間の禁煙はしない方がマシ

はっきり言ってしまうと、1週間くらいの禁煙はデメリットしかないです。

『禁煙セラピー』でも言っている事ですが、減煙するくらいなら吸った方がマシです。

禁煙の効果なんて、離脱症状のせいで全く感じません。

24時間で心臓発作のリスクが軽減?そんなものは大抵の人はどうでもイイはずです。

味覚もよほど神経の鋭い方しか「戻った」と感じないでしょうし、嗅覚はタバコの匂いに敏感になるだけ。

この時期は文字通り地獄でした。

「仕事に支障を来してまで禁煙する意味ある?」とか、「体調が悪いのは確実に禁煙のせい」とか数時間に一回は考えてました。

僕が今も禁煙を続けているのは、この日に戻りたくないからです。

それくらい恐ろしい離脱症状に悩まされていました。

この期間の対策

確実に一番辛い時期ですが、残念ながら有効な対策方法は気合いしかありません。

僕が行った手段は、1日中の大半を寝て過ごす事と、電子タバコを吸うという二点のみ。

最近の電子タバコは安価な上にかなり進化しているのでぜひ試してみてください。

強いて言うなら、禁煙するタイミングが一番重要です。

個人的な経験談からオススメできるのは、風邪などで体調を崩して寝込んだ時

高熱や吐き気などに苦しんでいる時はタバコどころではありませんし、実際に無理して慣習として吸っても「美味い」とは感じないはず。

不思議なことに、自分が体調を崩している時は禁煙による離脱症状はほとんど感じないものです。

一番辛い時期の数日間を減らせるので、このタイミングを逃す手はありません。

今も喫煙を続けていて、いつかタバコをやめたいと思っている人も、体調を崩した時にスタートする事をオススメします。

それまでは存分に喫煙を楽しみましょう。

Sponsored Link

【禁煙3〜10日目】異常な眠気に襲われる

cat

  • ニコチンが体内から完全に抜けきる
  • 体が軽くなる

体に表れるメリットはこんなところ。

僕が禁煙を始めた理由の一つの、喫煙時に体がダルくなる、という現象に苛まれる事が無くなりました。

が、離脱症状の方が圧倒的にキツく、気づいたのは10日目くらいからです。

この辺のデメリットは基本的に3日目までと変わりませんが、下記の二つが加わりました。

  • タバコがかなり吸いたい
  • イライラして集中できない
  • 襲いかかる異常な眠気
  • 寝ている途中に夢にタバコが出てくる

喫煙欲求が減り始め、初めて禁煙のメリットを感じる

僕の場合は3日目が禁煙のピークでした。

魔人ブーが「チョコになっちゃえー!」って人間をチョコに変えちゃうシーンがあったと思うんですけど、「タバコになっちゃえー!」と職場の上司にビームを当てたい気分でした。

喫煙欲求自体は、3日目を過ぎるとだんだんと減っていきました。

もちろん、相変わらず「吸いたい」という気持ちはあります。引き出しにアメスピが1本転がっていたら、間違いなく吸っていました。

10日目くらいになると、喫煙欲求がそこそこ減り、喫煙後に時々悩まされていた体のダルさが無い事にようやく気付きます。

禁煙を始めてから感じた、最初のメリットです。

が、残念ながら新たな禁断症状に悩まされることに……。

24時間襲う異常な眠気と悪夢

一番厄介だったのがこちらの禁断症状。この症状のせいで再び喫煙生活に戻ってしまった人も多いと思います。僕もその一人でした。

24時間常に眠気が発動するため、いつでも寝れるようになります。睡眠薬いらずです。

しかも困った事に、具体的な解決策はありません。

同じような禁煙情報サイトにも「しっかりと仮眠を取りましょう」とか書いてるだけです。それが出来ねぇから調べてるんだよっ!

また、これくらいの時期からタバコの夢を見るようになりました。冗談みたいでしょ?本当なんだぜ……。

経過を記録しようと禁煙日記なるものを書いていたんですが、5日目と1週間目に「タバコを吸う夢を見て、幸せだった」と書いてありました。ニコチン怖い。

この期間の対策

眠気に関しては前述した通り、具体的な解決策はほぼありません。

前日にしっかり睡眠を取ったとしても無駄です。24時間眠いんですから。

仮眠を取れる環境にあればベストなんですが、人によってはそうもいきません。

僕のオススメは市原流気合法か、顔を洗ってくるかのどちらかです。

しかし、この眠気はいつまでも続くわけではありませんのでご安心ください。

気づきにくいですが、眠気は禁煙開始日から日数が経つに連れて徐々に消えていきます。

僕の場合は10日くらいから症状が軽くなっていくのを感じました。

人によって個人差はありますが、アセチルコリン分泌の関係で大体3〜4週間経つと完全に解消されると言われています。

アセチルコリンはドーパミンを放出し、やる気を出したりする事に一役買ってくれるイイやつです。

が、喫煙時にはニコチンが代わりにドーパミンを放出させるので、必要なくなってしまい分泌されなくなってしまいます。

再びアセチルコリンが分泌されるまでの回復期間の間は、禁煙中なのでニコチンでドーパミンを放出させることも出来ず眠くなる、というのが通説です。

詳しく知りたい方は「アセチルコリン 禁煙」でググりましょう。

【10〜20日目】徐々に禁煙を意識しなくなる

rose

  • 血液の流れが改善し、歩行と呼吸が楽になる
  • 肌がすべすべになる
  • 禁煙自体を忘れる時間が増える
  • 寝起きが良くなる

上記がこの時期の禁煙メリットとして良く挙げられていますが、肌以外は全て体感できています。

タバコを吸っていると稀に肺に痛みを感じたり、喉に異物感を感じたりしましたが、それも一切なし。

寝起きも喫煙時に比べると良くなりました。これは離脱症状の眠気で爆睡してるせいかもしれませんが。

  • タバコがたまに吸いたくなる
  • 若干の眠気に襲われる

この辺りから禁煙で感じるデメリットが減っていきます。

タバコを吸いたい、という欲求は以前に比べると圧倒的に減り、理不尽な眠気に襲われることも減ります。

禁煙を忘れるという素晴らしさ

禁煙をして1週間くらいは、毎日のように禁煙についてググって調べてました。

そのくらい離脱症状が辛く、喫煙をどうにか正当化したかったんだと思います。

2週間を過ぎた辺りから、徐々に禁煙の事を考える時間が減っていきました。

だんだんと離脱症状が減ってきて、タバコの支配を抜けてきた証拠です。

禁煙日記には毎日のように「眠い眠い」と書かれていましたが、15日目からその記述が初めて無くなっている事に気づきました。

この辺りから一番辛かった眠気は改善されていったようです。

この期間の対策

具体的な対策は必要なくなります。そこまで離脱症状が酷くは無いためです。

が、やはり眠気はキツイ。

人によっては3週間は続くと思った方がいいです。

フリスクを常備しておき、時間があれば運動してドーパミンを出しまくりましょう。

【1ヶ月達成】稀に無性に吸いたくなる時がまだある

3週間を越えると、ほとんど喫煙衝動はなくなりました。

が、ふとした時に「タバコを久々に吸いたい」という気分になる時はあります。

よくありがちなシチュエーションとしては、ギャンブル中と飲みの席です。

1ヶ月では禁煙に成功したとは言えないという事ですね。

ですが、今現在一番悩まされていた眠気も全くありませんし、喫煙衝動も禁煙1週間目くらいの自分に比べたら微々たるものです。

  • 離脱症状から救われる
  • 運動しようかって気になる
  • 集中力が完全に戻る

人がタバコを吸っていると「アアァッー!」って叫びながらビンタして奪って自分で吸いたくなるような衝動も、1ヶ月もすればほとんど消えます。

そして、なぜか運動したくなります。思うだけで一度もやってませんが。

個人的に一番嬉しかったのは集中力が戻った事でした。

禁煙の離脱症状がピークだった頃はイライラ&眠気で仕事どころではありませんでしたからね……。

感動が薄れるという危険

3週間目を超えた辺りから、「もう自分禁煙できてんじゃん!」と自惚れ初めます。

確かに離脱症状もほとんど抜けていますが、怖いのは一本くらい大丈夫じゃね?という気持ちが自分の中にある事です。

俗に言う”一本オバケ”と言うやつです。

苦労して耐え抜いた離脱症状が元に戻るのがイヤで試せませんが、恐らく一本吸ったら THE END なんでしょうね…….。

次の日からポケットにライターが常備されそうです。

禁煙成功の日数は大体2ヶ月目くらいだそうです。

今たまに感じる「1本くらい吸っても戻らないでしょ」という甘えが消えるのが2ヶ月目くらいなのかな?

ちょうど喫煙者と旅行する予定があるので、その時に自分が喫煙に関してどう感じてるか楽しみです。

今は全く吸っていませんが、同じように禁煙の離脱症状に悩む方々は電子タバコを激しくオススメします。良かったら過去記事をご参考あれ。

おしまい。