洗濯

俺が臭いのはお前のせいだ!服に染み付いた悪臭を消す効果があるワイドハイターEXをレビュー

洗濯

夏本番。

リゾートバイトで沖縄に来てるんですが、バイト中に発酵してます。

いや、これは僕のせいじゃ無いんですよ。ホントに。

原因は支給されたバイト用のポロシャツ。コイツが全て悪いんです。

 

前にどんな方が使ってたのか知りませんが、使った1日目からすでに臭い

普通に洗濯して乾かしたらソフランのいい香りがするんですが、厨房で皿洗いを1時間したらアウト。どうゆう訳か柔軟剤のバラの香りが汗臭い匂いに早変わりです。

Sponsored Link

共鳴するように発酵している男性スタッフもいますが、自分で気付いてるのかな……。

ってわけで、今回はそこらのスーパーで買えるモノで効果があったのでレビュー。

その名も衣料用漂白剤、ワイドハイターEXパワー

ワイドハイターEXの効果

laundry

汗・皮脂よごれや菌を分解し、抗菌&消臭効果

服を着た状態では臭くなく、汗をかいたら自分でも分かるほど臭くなる、って方は8割形着ている服に原因があります。

繊維に菌と皮脂汚れがこびりつき、汗をかくことで化学反応を起こして嫌な臭いを発する、というのがテンプレパターン。

 

汗をかいたとしても、新品に近い服であれば大抵の人は臭わないはずです。

 

臭う人は……ヤバいかもしれません。う◯ちの臭いも消えるという噂のこちらをどうぞ。

臭活サプリ
Amazonベストセラー堂々No.1商品!

服に染み付いた皮脂汚れや生乾き臭の原因となる菌は、残念ながら簡単に落ちるものではありません。

アタ◯クを多めに入れて柔軟剤をドバドバ入れて洗濯機の設定をパワフルにしても、いざ着て少しでも汗をかくと復活します。

 

ヒドい場合、洗濯機から出した瞬間に臭います。

 

ワイドハイターEXパワーは、洗剤でも落ちない菌まで除菌し、汗臭い臭いや部屋干しの生乾き臭まで防止してくれます。

漂白剤=色が白くなるわけでは無い

洗濯やキッチン周りの漂白洗浄でお馴染みのワイドハイター。

『ワイドハイターEXパワー』は濃縮タイプの衣料用酸素系漂白剤です。

”漂白剤”と聞くと色モノの服には使えないと考えがちですが、この漂白剤は黒でもピンクでも赤でも大丈夫。臭いの元になるブラックな菌だけをホワイトにしてくれるスグレモノ。

 

バイトの制服も黒を基調としたポロシャツでしたが、色落ち等は全くありませんでした!

金属製の付属品が付いた服、含金属染料で染めた服は”使えないもの”に分類されているので、それだけは注意してください。もちろん、水洗い自体がダメなものは完全にアウトなので悪しからず。

極限まで効果を高めるワイドハイターEXの使い方

washing-machine

裏面に書いてある使用用途は3つ。

  • 毎回の洗濯に普通の洗剤と合わせて使う
  • 食べ物や血液などのシミに部分的に塗布
  • つけ置きして除菌

 

今回はシミ落としではないので、塗布するパターンは除外。

毎回の洗濯時に洗濯用洗剤と合わせて使う方法は、一番最初にやってみましたがあまり効果は感じられませんでした。

米印で”繰り返し洗たくする事で抗菌性を発揮します”と書いてあるので、即効性は無いようです。つけ置きが面倒だったので試したところ、いつものように発酵しました。

 

やっぱり効果が断然感じられるのはつけ置き。これに限ります。

具体的な手順

  1. 40~50℃のお湯をバケツか何かに張ります。
  2. ワイドハイターEXパワーを投入。
  3. 臭う服やタオルを投入。
  4. 30分〜1時間くらい浸した後、普通に洗濯。

以上です。

僕は待ってる途中で寝てしまったため、6時間くらい浸してしまいましたが特に色落ち等の問題はありませんでした。

生地を傷めたり、色落ちすることがあるので2時間以上は浸さない”と注意書きがあるので、お気に入りの服がボロボロになってしまうのが怖い方はそれだけは守っときましょう。

 

洗濯をした後に服を天日干しし、出動に備えてください。効果は必ず現れているはずです。

それでも臭いが取れない場合は、もう一度作業を繰り返してください。

それでも臭いが取れない場合は、あなた自身がクサいかもしれません。

ワイドハイターEXの粉末タイプと液体タイプの違い

このワイドハイターEXですが、粉末タイプと液体タイプの2種類が存在します。粉末タイプは弱アルカリ性、液体タイプは弱酸性。

 

結論から言うと粉末タイプの方が圧倒的に効果が高いです。

臭い消し、漂白力、共にアルカリ性の方が効率的に作用します。

 

が、その分衣服等の繊維によるダメージが大きい事を忘れてはいけません。

粉末タイプ

ワイドハイターEXパワー粉末タイプ
液体より強力に効果を感じたい方へ
  • 液体タイプに比べて脱臭・漂白効果が強い
  • 弱アルカリ性のため、繊維へのダメージが大きい
  • 色落ちの恐れが高まる

粉末タイプのメリットとデメリットはこんなところ。

まぁ、実際は「めっちゃ色落ちする!」とか言う口コミはあまり聞きませんので、僕はこっちの方がオススメです。

液体タイプ

ワイドハイターEXパワー液体タイプ
繊維をなるべく傷つけたく無いあなたへ。
  • 値段が安く、扱いやすい
  • 粉末タイプに比べ繊維に優しい
  • 粉末タイプに比べると効果が薄め

 

液体タイプの方が売れ行き自体は良いようです。

今の時代、粉末はあまり人気が無いのかもしれませんね……。

 

ちなみに、もし通販等で買うのであれば業務用をオススメします。

家庭用と成分は変わりませんが、使ってみると案外早く無くなるものです。長く使っている衣類ならなおさら。

あとがき

以上、”ワイドハイターEXパワー”の紹介記事でした。

 

後日談ですが、一度つけ置きしたからと安心してその後全く漂白剤を使わないでいると、匂いがカムバックしてきました。

他の服の菌がひっついてきたのか、菌を除去しきれなかったのか…どっちなんだろう。

使った後は1日の間は必ず効果を発揮してくれるんですけどね。

 

粉タイプが無くなってしまった為、今ではこの子に頑張ってもらってます。

ワイドハイターEX

今のところ、先代の粉末タイプと変わらない使用感で満足です。

が、やはり使っているとすぐ無くなりますね……。