cat-display

10万PVの収益はどのくらい?雑記ブログのリアルな収支報告と独り言

早いもので、こちらのブログを開設して約2年。

当サイトは特にジャンルに拘ることなく、面白いものや気に入ったものを紹介する、何でもアリの”雑記ブログ”ですが、おかげさまで開設当初の目標であった月間10万PVを達成する事ができました!

 

サイト速度の改善を図ったり、毎日数千回のブルートフォースアタックにヒヤヒヤしたり、中々伸びない確定報酬に頭を悩ませたりしましたが、何だかんだで2年間の間、色々な記事を書いてきました。

「10万PVくらいアクセスがあれば結構な収益あるんじゃない?」

と開設当初は色々なブログの収益報告を見て期待に胸を膨らませていましたが、現実は結構シビアな数値に……。

このサイトについて

  • 運営約2年の雑記ブログ
  • 総記事数:150
  • 総PV数:718,425
  • バズった記事:
  • ASP:アドセンス、アマゾン、A8、afb、もしも、バリューコマース他

月間10万PVの雑記ブログの収益はこのくらい

money

ざっと概算すると、月間10万PV達成時の収益は約5万円くらいです。

「こんなもんか……」と言うのが率直な感想ですね。

ASP収益割合

  • アドセンス:3割
  • アマゾンアソシエイト:3割
  • その他(A8、もしも等):4割

各ASPの具体的な数字を出すと怒られるので、多少ぼかした数値になってしまいますが、割合的にはこんなもん。一番の稼ぎ頭が単価の大きいASPさんに左右されるので、安定はしません。

PV数に多く影響するアドセンス収益は割と落ち着いた数値になっています。
が、記事内に広告をベタベタ貼るのは個人的に好きじゃない事もあって、多少控えめにしている(つもり)です。

 

他のブロガーさんに比べても、全体の収益は低めの数値だと思います。

と言うのも「10万PVでも30万〜50万円稼ぎました!」って感じのブログを多数見かけているからです。

少し前までは商材を買わそうとするためにデタラメを言っているに違いない、と嫉妬心に駆られていましたが、そこそこサイト運営をしていると色々と見えてくるものがあり、今ではそれも不可能ではないなぁ、と考えています。

「雑記ブログは稼げない」なんてことは無さそう

雑記が特化か、とよくブロガー界隈では話題になるネタですが、個人的には雑記ブログで稼ぐことは十分可能だと思っています。

現に、特に変わったSEO対策はしていないこのカスブログでも5万くらいは稼げていますし。

 

ただ、最近ブログ運営して思うことなんですけど、どんな雑記ブログでも若干”特化”寄りなブログになってしまうんですよね。

例えば、このブログであればカテゴリーが『アプリ』や『WEB』、『美容・健康』『仕事』などで分けていますが、TOTALの記事数(約150記事)で言えば圧倒的に『アプリ』のカテゴリー記事が多く、その中でもマイクラ関連の記事は15記事と、かなり多く書いています。

GoogleAnalyticsで見るオーガニック検索数も、上位10記事の内7記事がアプリ関連の記事で、閲覧数の最も多い上位2記事はマイクラ関連。
グーグル様にはどうやらこのサイトは”アプリに関するサイト”だと区分分けされているようです。

アプリの記事を新規投稿すれば、それなりに検索上位に食い込める事が可能ですが、その他のジャンル記事を書いたらほぼ検索圏外。困ったものです。

 

アプリ関連のサイトにシフトした方が良いのは分かってはいるんですが、収益化のためだけに検索を伸ばしてもなぁ……と未だにポツポツと雑記で頑張ってます。

少し前に書いた漫画の考察記事も検索上位に食い込んでいますし、それだけでSEOに影響するわけでは無さそうですが、雑記ブログを運営する上である程度のジャンル分けは覚悟しといた方が良さそうです。

ブログ収益を底上げするための今後の作戦

何だかんだでブログ飯には憧れるので、収益&SEO関連で対策していこうかな、とは思っています。

具体的に実施する対策は以下の通り。

対策案

  • アドセンス収益を高めるためにPV数とクリック単価を上げる
  • 特定カテゴリの有益な商品レビュー記事を増やす
  • 記事をリライトする

アドセンス収益を上げる

みんな大好きGoogleAdsense。

PV数に大きく影響するため、閲覧数が伸びれば伸びるほど収益が大きくなります。そのため、基本的にはどのくらいPV数を集めるかがキモです。

  • SNS、検索によるオーガニックユーザーを増やす
  • 記事のジャンルを選定し、クリック単価&ページCTRを上げる

雑記ブログの中でも、直近の話題を多く紹介するトレンドブログであればバズりやすく、1日辺りのPV数はかなり伸ばす事は可能です。

が、数週間もするとほとんど見向きもされなくなる記事がほとんどですので、こちらのブログではあまり書かないようにしてます。

 

また、同じPV数のブログであっても、クリック単価や広告の多さによって一月の収益はかなり異なってきます。

簡単にできる対策としては、記事のジャンルをクリック単価の高いものに選定する事。

 

GoogleAdwordsを利用すれば分かりますが、美容や仕事、投資や金融関連などはかなり広告単価が上がります。

アドセンスで表示される広告は、その記事の内容に沿ったものが選ばれるので、美容関連の記事を書けば化粧品などの広告が選ばれますし、クレジットカードの紹介記事などを書けば、キャッシングサービスなどを行う金融業者の広告が表示されます。

今の所、当ブログで人気のある記事ジャンルは”ゲームアプリ”。表示される広告のクリック単価は……残念ながら、かなり低いです。

 

記事のジャンルはページCTR(1ページあたりのクリック率)にも影響するので、この辺りも対策しておきたいところ。

当ブログでは、記事上・記事中(1~2)・記事下レスポンシブ・関連コンテンツと、1記事辺り4~7つの広告を張っていますが、ページCTRが0.6%~0.8%未満とかなり低いです。

アドセンス広告には、Amazonや楽天などの通販サイトも出版しているため、ショッピングサイトのように、特定の商品を紹介する記事を書けば、CTRはかなり上昇します。

ただ、紹介したいほどの商品って中々見つけれないんですよねぇ……。

レビュー記事で売上を伸ばす

やっぱり、何だかんだで収益に繋がりやすいのはレビュー記事です。

記事を介したASPでの広告も、自分で使用した商品としていない商品とでは、売上や発生に月とウンチくらいの差があります。

AmReportLite -アソシエイトレポート
ビジネス, ファイナンス無料

アマゾンの売上は上記のアプリで確認できるんですけど、売上TOP3にランクインする商品のほとんどは、やはりレビュー記事で紹介したものです。
それと、なぜか紹介もしていないのにオ○ホがめちゃくちゃ売れてます。記事に欲情を掻き立てる何かがあるのでしょうか。

 

今まで、このサイトで得たアフィリエイト収益はオヤツ代に使ったり、まどか☆マギカに寄付したりしていましたが、今後は全てレビュー記事を書くための商品購入費に充てようかなと考えています。

A8やafbなどのセルフバックもありますし、経費としてはそんなに掛かりませんしね。

過去の記事をリライトしPV数を底上げする

最近になって、ようやくリライトの重要性に気づきました(今更)

当サイトも150記事に増え、かなり情報が古くなった記事もチラホラ出てきています。

特に、一定期間のキャンペーンをまとめたゴミページも散見するため、この辺りは捨ててしまいたいと思っています。価値の無いページを残しておくと、SEO的によろしくないらしいですし。

 

また、中途半端に閲覧回数が付いているページは徹底的にリライト!

Google検索で2ページ目に止まっている記事は、努力次第で1〜3位は目指せます。

具体的なリライト手順

  1. サーチコンソールで対象ページを調べる
  2. 検索順位が2ページ以内になっているクエリを探す
  3. 強いクエリを元に記事を広げる

リライトで大切なのは、どのページがどのようなクエリ(検索語句)で表示されているか調べること。

5〜10位くらいのクエリを中心に記事を加筆し、クエリでの検索上位を目指すように対策を行うとPV数は驚くほど上がります。

最後に

月間10万PVは、ブログを始める上での目標の一つでした。

予想より時間が掛かったのは、記事の質、というよりも投稿数が少ないからですかね。

始めた当初は1日1回の投稿をノルマにしていましたが、2ヶ月もしないうちに心が折れ、今ではかなり頻度が下がっています。この辺りの心構えがPV数にモロに表れちゃってますね……。

ま、書く事を仕事のように考えてしまうと長続きしそうに無いですし、これからも自分のペースでゆっくりとブログを成長させて行けばいいと思っています。

 

最近「コミュニティって大事だな」とつくづく感じます。

はてなブログではなく、最初からWordpressスタートだった筆者にとっては、ブログの事を話せる友人が全くいません。

サイトデザインのカスタマイズや表示速度の高速化、VPSサーバーでのWordpress環境構築にセキュリティ対策など、分からない事があっても自分一人で対処してきましたが、詳しい人が身近にいたらどれほど楽に処理できていたか……。

 

同じくらいの規模で運営されている方がいたら、ぜひサイト下部のお問い合わせよりご連絡を。お互いに助け合いましょう。

 

ついでに見る記事↓

関連記事