launchpad

【Mac】アプリを消してもLaunchpadに表示される謎の現象を解決する

Launchpad、皆さん使ってますか?

トラックパッド上で親指と人差し指〜薬指、計4本の指で、内側に向かってスッとピンチをすると起動する、Macbookを快適に使うためには必須のアプリケーションです。

 

某日。最新のアップデート(Catalina)に伴い、32ビット版のアプリが使えなくなってしまったので、これを機にMacbookのお掃除をしようと、今まで無駄にダウンロードして放置してきたアプリを一斉に削除することにしました。

Macでインストールしたアプリケーションの削除はとても簡単。
Finderで『アプリケーション』フォルダに飛び、該当のアプリを削除するだけです。

片っ端から削除した後、次はLaunchpadを整理するか……と起動してみると、

launchpad-delete1

なぜか消したアプリが残ってる….?

Apple公式の情報によると、Launchpad上でアプリを長押しし、iPhoneと同様の作業で消すことも出来る的な事が書かれてあるんですが、どうやらこちらの方法で可能なのはAppStoreから直接ダウンロードしたアプリに限られるようです。むむむ……。

今まではLaunchpad上で新しいディレクトリを作り、『ゴミ箱』と命名して使えないアプリは放置してたんですが、最近ようやくLaunchpadに表示させたくないアプリを消し去る方法を教わったので、ご紹介します。

  • Mac標準の使わないアプリ(スティッキーズ等)も消せる
  • Launchpadが綺麗さっぱり

Launchpad上で消えないアプリを消去する

⚠️注意

こちらの方法は、あくまでLaunchpadでの表示を消し去る方法なので、アプリ自体が消える訳ではありません。

Finderからアプリケーションフォルダに移行し、該当するアプリを消去してもLunchpadに表示されてしまう場合のみ参考にしてください。

今回、僕が消去するのは『duet』『cDock』『Microsoft Excel』の3アプリ。
どれもアプリは完全消去したはずなのに、しぶとくLaunchpadに残っている強者たちです。

Launchpadを完全に初期化 させ、インストールされているアプリケーションだけ表示させる方法もありますが、たった3アプリのために、こだわりのあるベストな配置を崩したくないので、特定のアプリだけ非表示にさせる事にします。

 

まずは、ターミナルを起動。

『アプリケーションフォルダ』→『ユーティリティ』→『ターミナル』

 

続いて、下記のコードをコピペし、SQLiteを起動&Laucnpadのデータベースを探します。

sqlite3 $(sudo find /private/var/folders -name com.apple.dock.launchpad)/db/db

※折り返しているかもしれませんが1行です

上記のコードを打ち込むとパスワードを聞かれるので、Macで使用しているパスワードを入力。

mac_tarminal

こんな感じでズラズラッと出てきた後に、sqlite>となっていたら準備OKです。

途中でコードを打ち間違えたり、よく分からないエラーが出たら『control + d』でSQLiteを一度終了してから、再チャレンジしてください。

 

次に、該当するアプリを検索してみます。

SELECT * FROM apps WHERE title='消したいアプリ名';

title部分には、消したいアプリ名を挿入。
こちらは、Launchpad上で表示されている名前を入力してください。

Launchpad上にアプリが残っている場合、上記のように表示されます。アプリによって番号や表示される文字列は異なるので、表示されればOKです。
もし何も表示されなかったら、大文字・小文字などの些細な間違いが無いか、アプリ名を確認しましょう。

 

アプリが確認できたら、下記コードで消し去ります。

DELETE FROM apps WHERE title='消したいアプリ名';

title部分には同じく消したいアプリ名を挿入。

Enterを押しても特に何も表示されませんが、エラーが出なければ問題ありません。

 

続いてLauchpad及びdockを再起動させます。

『control + d』キーでSQLiteを終了させ、通常のターミナル画面($~)に戻した後に下記コマンドを打ち込みます。

killall Dock

全て終了したらターミナルを閉じ、Launchpadを確認してみましょう。

 

これにて完!
長年居座り続けたアプリが消えてくれました。

Launchpadから消した標準アプリを戻したい場合

上記の方法の優秀な点は、アンインストールしたアプリ以外でも消せる、という点です。

つまり、Macを購入・新しいOSにアップデートした時に強制的に付いてくる使えない標準アプリもLaunchpadから消し去る事が出来ます

スティッキーズやら株価やらは使わない人にとっては邪魔になるだけなので、消去してもいいかもしれません。あくまでLaunchpadに表示されなくなるだけなので、システム的には影響ありませんし。

 

が、一度消してしまうと再びLaunchpadに表示させるためにはLaunchpadを初期化させなければいけないため注意が必要です。

  • 配置も標準に戻る
  • ダウンロードしているアプリが大量だと時間が掛かる

Launchpadの初期化は、個別にアプリケーションを消すよりも遥かに簡単。

ターミナルを起動し、下記コマンドを打ち込むだけでOKです。

defaults write com.apple.dock ResetLaunchPad -bool true; killall Dock

※大量にアプリを導入している場合は、整理するのに少し時間が掛かります。

launchpad

Launchpadを確認すると標準の配置に戻り、アンインストールしても消えなかったアプリケーションもさっぱりと消去されています。

そして、AppStore以外でインストールした外部アプリは2ページ目移行に追いやられます(涙

 

この方法だと配置を並び替える手間は掛かりますが、ターミナルでの作業に慣れてない方はこっちでもいいかも。

1ラインのコピペで済みますし、予期せぬ不具合を起こす事もそうそう無いと思います。

あとがき

最新OSのCatalinaにアップデートしてから3週間ほどになりますが、外部アプリのセキュリティが強まったのが気になりますね。

アプリをダウンロード→開こうとすると警告→環境設定で承認→再度アプリを開く、という手順が面倒で仕方ないです。

 

32ビット版であるOffice for mac 2011は遂に使えなくなってしまったため、代替アプリを利用するか、新しく買うしかありません。

Excel 2019
¥15,000くらい。永続・オンラインコード版
 

僕のように会社間でのやりとりが無い人は、Googleのスプレッドシートとかでも使えるので、ぜひお試しあれ。

関連記事