lupin1

次作は黒ジャケ?今冬にルパン三世新作TVスペシャル放映決定!

ルパン三世がTVスペシャルで帰ってきます

新作!と見せかけてアニメ版の総集編的な『イタリアン・ゲーム』を除外したら『princess of the breeze』以来ですかね。およそ5年ぶり。

まぁ、その間に2015年のPART4と、2018年のPART5、劇場版である『次元大介の墓標』と『血煙の石川五ェ門』も挟んでいるので、ルパン三世のコアなファンである僕も発狂せずに待てました。

Sponsored Link

ルパンがなぜか黒ジャケ

今回で第26回目となるテレスペルパン。

今のところ発表がされただけで、ストーリーやタイトル等の詳細は判明していません。

代わりに、先行カットが2枚上げられてます。

1枚目はコレ。

lupin2

やったー!目がキラキラしてない!

『princess of the breeze』の作画、正直苦手だったんですよね。

なんというか、その……気持ち悪かった。3Dとかも別に感動しなかったし。シナリオも……

作画自体は2015,2018のアニメシリーズに寄せてきてる感じですかね。違和感なく見れそうです。

んで、気になるのがもう一枚。

lupin1

原作:モンキー・パンチ (C)TMS

ルパンがなぜか黒ジャケ

というよりも、緑ジャケットの次元がめっちゃ違和感ありますね笑

このシーンの手前にルパンと次元が入れ替わってたのかな?変装とかで。

上記の画像のルパンと次元を首からすげ替えたら、ほとんど違和感なさそう。

ってわけで、黒ジャケで統一って事はなさそうです。ちょっと観てみたい気もしますが。

監督は『お宝返却大作戦』の川越淳氏


音楽はお馴染み大野雄二さん。やったぜ。

声優陣が変わったら間違いなく最初に発表があると思うので、現行のメンバーで決まりでしょうね。

監督さんは、2003年に放送されたTVスペシャル『お宝返却大作戦!!』の川越淳さん。

なつかしー!

TVスペシャルの中では結構好きでした。次元が捕まった時のシーンと、ドレスの返却(ルパン一味女装)シーンは今だに印象に残ってます。

なんと言ってもアクションシーンが他のナンバリングに比べて秀逸なんですよね。

確か次元のリボルバーが前時代の銃だとバカにされるんですよね。執事みたいなおじ様に。

「デザートイーグルに変えたらどうだね?」

ってセリフがなぜかめっちゃ頭の中に残ってます。その後オートマチックの唯一の弱点で負けちゃうんですが……。

脚本家は秦建日子さん!

なーんか見たことある名前だな、と思ったらアンフェアの原作である『推理小説』とか、『チェケラッチョ』の原作者さんみたいです。

あ、ちなみに「はた たけひこ」さんって読みます。女性じゃなくて男性ですよ。本名ですよ

今冬に放送決定!今冬っていつ?

結構大きくメディアに取り上げられて嬉しい限りですが、どれも情報が「今冬放送!」止まりなんですよねぇ。

そもそも今冬って単語自体使わないからいつの事かわからん。言ってる人もみた事ない。

年内の事なのか、それとも一般的に冬と呼ばれるシーズンなのか……。

こん-とう【今冬】

今年の冬。この冬。

– 出典 三省堂大辞林 第三版について

え?年内!?

と喜んでたら、2019年今冬らしいっす……。

つまり、今の時期(冬)に今冬って言葉を使うってことは…

2019年の1月〜3月頃に放送予定って事ですね。

クッソややこしい。今冬って言葉、辞書から消せばいいんじゃないかな?

おしまい。

ルパン三世 カリオストロの城

著者がアテレコ出来るほど視聴した文句なしの傑作。デジタルリマスター版ブルーレイ!

暇だったらこの記事もどうぞ。