楽天モバイル初期設定

楽天モバイル『スーパーホーダイ』の口コミ&評判の嘘ホント

楽天モバイル初期設定

こんにちは。田宮柚です。

楽天モバイルを契約してから早いもので半年が経ちましたー。

新規契約の長期優待特典がポイント付与から全額キャッシュバックになったり、試験的に土日の混み合う時間帯(12時&18時からの1時間)の強制300kbpsが無くなったり、楽天モバイルも色々頑張ってるようです。

ただ、キャリアから初めて格安SIMへ移行する方や、1Mbpsという速度がいまいちピンと来ない人は契約を踏みとどまるケースが多いと思います。

スーパーホーダイの契約数も増えてきて、色々な口コミや評判が見られるようになったので、適当にTwitterから拾って嘘ホントをバッサリ仕分けたいと思います。

楽天モバイル スーパーホーダイ

スーパーホーダイのメリット&デメリット

公式情報として載ってるスーパーホーダイ(プランS)の要点をまとめ。

  • 最安は月額¥980~(税別)
  • 電話は専用アプリを使えば10分間無料で掛け放題
  • 1Mbpsの速度が特定の2時間を除き使い放題
  • 楽天ポイントが溜まる使える
  • 高速通信の切り替え、テザリング可

要点となるメリットはこんなとこ。

  • 昼の12時からと18時からの1時間の間だけは300kbpsに落ちる
  • 楽天でんわアプリに着信履歴が残らない
  • 3年目以降は¥ 2,980~
  • 大容量のデータ通信は1Mbpsでは厳しい
  • 中途解約はキャリア同様違約金がかかる

デメリットはこんな感じ。

もちっと詳しく知りたいぞ!って人は下記記事をご参考ください。

これらの要点を踏まえた上でネットの口コミと評判を見ていきましょう。

スーパーホーダイの口コミ&評判まとめ


NetflixやAmazonプライムビデオなどのVODは、確かに見れなくはありません。

ただ、wi-fiでの接続と比べると動画の読み込み速度に時間が掛かったり、画質が下がったりします。もちろん、HD動画は論外。

Amazonプライムビデオでブルース・ブラザーズ(2時間超)を観たところ、8秒ほど最初の読み込みに時間が掛かった後は途中で止まる事なく最後まで再生されました。画質もスマホで観る分には特に問題なし。

業者のようなツイートですが、僕も高速通信には殆ど切り替えていません。無駄にデータ容量繰り越してます。

家でwi-fiを使っている方はこんなもんかと。

rakuten-kurikosi

上記の画像は楽天モバイルの公式アプリによるものです。

あまりに高速データ容量を使ってなさすぎてこんな感じになっています。

高速モードにしても遅いという意見。同感です。

逆に言うと、1Mbpsである程度の速さが出てるぶん遅く感じます。

rakuten-hayasa

高速通信を使用すると上記のような計測結果になりましたが、楽天モバイルの高速通信は安定しないイメージがあります。

気になるのが混み合う時間帯での高速データ通信。12時と18時の1時間だけ高速通信に切り替えて使おうと考えていましたが、この時間帯は高速通信にしても速度が低下します。

teisoku

300kbpsよりかはマシですが、正直なところもうちょい出て欲しかった……。

楽天でんわが不便という意見は、恐らく着信履歴が残らない点だと思います。

これが実際にやってみると確かに手間です。

通常の電話アプリを起動 → 着信履歴からタップして掛け直す

という本来の流れが、

通常の電話アプリを起動 → 着信履歴から電話番号をコピー → 楽天でんわアプリを起動し貼り付けてから電話を掛ける、といった様な手間が生じます。

連絡先に載っている知り合いから掛かってきた場合や、発信履歴から電話を掛ける場合は問題ありません。

これは視聴するサイト次第。詳細は下記記事をご覧ください。

テザリング利用をしている方のツイート。

テザリングも意外とサクサクです。モバイルwifiのWiMAXは容量を越えると1Mbpsになりますが、問題なく使ってるよ、という方も多いです。

まれに機種を安くするキャンペーンやってます。2018年4月現在はIPhoneSEの16GBを¥12,800で売っているみたいです。公式ページをチラチラ見ときましょう。

楽天モバイル スーパーホーダイ

最後に

もちょっと叩かれてるイメージがあったんですが、Twitter上では割と高評価のようでした。不満に感じる方は15%くらいかな。

まぁ、よほどの大容量通信さえしなければ1Mbpsで本来であれば十分ですからね……。

これからも定期的にツイート拾ってあげてきます。ではでは。