楽天電話

こんな人にオススメしたい!楽天モバイルのメリット&デメリット

楽天パンダ

楽天モバイル「スーパーホーダイ」をご検討中の皆さま、こんにちは。

1年ほど前にSoftbankの呪縛から解き放たれて、格安Simデビューする事に相成りました。

私が移行したのは、低速回線でも1mbps※1の速度を維持できて、なおかつ使い放題という楽天モバイルさんのスーパーホーダイ。

かなーりお得な内容にはなっているのですが、今現在キャリアと契約している方や、家族に携帯関連の契約を任せてしまっている方には、あまり理解がされていないようです…….。

てなわけで、楽天モバイル「スーパーホーダイ」はこんな人にオススメだよ!ってのと、契約する上でのメリット&デメリットをまとめていきます。

キャリアの時みたいに不当に料金取られたりするのは嫌だったので、出来る限り安くする方法を電話で色々と聞いたりしてまとめてみました!

楽天モバイル スーパーホーダイ

楽天スーパーホーダイのメリット

まずは簡単に今回紹介する楽天モバイルの新プラン、「楽天スーパーホーダイ」のメリットをおさらい。十分に知ってる方は飛ばしてください

10分以内の国内通話が無料

国内通話が5分10分2018年7/1~よりグレードアップ)を超えない場合、追加料金等は一切掛かりません!

ただ、補足として「楽天電話アプリ」を使う、または発信の際に「003768」を頭に付ける必要があります。

高速通信容量を使い切っても最大1Mbpsが使い放題

このプランの肝。

最低プランが2GBしかデータ容量はないですが、それを使い切っても最大で1Mbpsの通信速度を維持できます。

※1. ただし、人が混み合う時間帯の昼12時〜13時、18時〜19時の時間帯は最大300kbps程度に落ちてしまいます。

300kbpsが許せないという方は、高速データ通信を普段はOFFにしておいて混み合う時間帯だけONにしましょう。アプリにて簡単に切り替えが可能です。

毎日この時間に大量データ通信をする方はこのプランは不向きです。別のプランをお試しください。

気になる1Mbpsの速さなんですが、公式にこのように書いてあります。

スーパーホーダイ2

かなりざっくりしていて分かりにくいですが、動画再生とアプリのダウンロード以外では不満を感じる人は少ないと思います。PUBGや麻雀等のネット対戦できるアプリも問題なく使用できます

動画再生はサイトによってまちまち。

「問題のないレベル」と書いてありますが、人によっては問題が出てきます。動画によっては最初の読み込みに10秒掛かるなんてザラにあります。

が、最初の読み込みが長いだけで、「遅すぎて見れない」という事は滅多にありません。

あるとしたら、画質が良すぎる(720px以上)場合くらいです。

アプリダウンロードは「まぁ耐えられるレベル」と書いてありますが、耐えられません。9割方の人は耐えられないと思います。アプリのダウンロードは素直に高速回線を使うか、Wi-fiを使いましょう。

回線速度に関してはYoutubeでレビューしている方がいたので、参考にどうぞ。

また、別記事でサイト&アプリごとにレビューしてます。参考にどうぞ

4段階のプラン設定

楽天新プラン

楽天スーパーホーダイプランはデータ容量によってプランS、M、L、LLの3段階4段階(※2018年6月よりLLが追加)に分かれています。

今回重点を置いて紹介するのはプランS。2年契約時の月額が¥1,980で、3年契約時の2年目までの月額が1,480円のプランです。

というか、高速通信容量に頼らない1mbpsという低速通信速度が魅力なので、スーパーホーダイプランでプランS以外を選択する事はあまりオススメしません。

余ったデータ容量は翌月に繰越可能

繰越

おなじみの繰越機能。当月内に余ったデータ容量は来月に繰越して使えます。

まぁプランSの2GBの繰越なんてたかが知れてるので使う方は少ないかもしれませんが……。

長期優待サービス、楽天会員割引あり

重要な点。楽天モバイルを新規で長期契約すると、2年間の月額料金が割引されます。

2年契約 1,000円割引
3年契約 1,500円割引

楽天会員(無料)に登録する事で、上記の金額が2年間の間の月額料金から引かれます。

ダイヤモンド会員ならさらに割引

さらにダイヤモンド会員(条件をクリアする方法は下記記述)ならさらに ¥500割引で、3年契約と合わせると月額料金が ¥980になります

楽天会員はともかくダイヤモンド会員って条件厳しいから成れる訳ないじゃん、って方

明るい人

人によっては厳しく感じるかもしれませんが、6ヶ月の間なら割と簡単にダイヤモンド会員になれます。詳細はこちら

結局のところ楽天モバイルの平均月額料金はいくらになるか

簡単に表にしてみました。前条件は以下の通り

  • ダイヤモンド会員料金適用時は初月から”ダイヤモンド会員”になっている
  • 楽天モバイル”スーパーホーダイプランS”新規申し込み
  • 楽天会員無料登録済み
  • 余計なオプションは一切つけない
1年契約 ¥1,980 / ¥2,480
2年契約 ¥1,730 / ¥1,980
3年契約 ¥1,813 / ¥1,980

※赤文字はダイヤモンド会員時、右側の価格が楽天会員時トータルの平均月額(税別)

※初期契約手数料(税込3,665円)ユニバーサル手数料(月3円)含まず

全体的に見てみると、格安Simというだけあって安いですね。

ただ、3年契約は楽天さんに信頼がある方しかおすすめしません。今の所は平均通信速度1Mbpsで安定しているようですが、契約者数が増えてからはどうなるか分かりませんし、契約途中で他社から魅力的なプランが出来たとして、途中で契約を切ると解除料(¥9,800〜¥29,800)取られちゃいますからね。

おすすめは長期優待の2年契約。キャリア回線の平均月額が約¥7,000らしいので、乗り換える方だと4,000円以上は月々節約できる計算になりますね。

楽天モバイル明細

上の画像が実際の利用明細です。

金額欄になぜか(税別)と書かれていますが、税込金額です。スーパーホーダイプランSの¥2,138とユニバーサル使用料¥3を足した、 ¥2,141 が一年目の月々の料金になります。

楽天スーパーホーダイプランのデメリットと注意点

Docomo端末またはSimフリー版以外は機種を購入する必要がある

楽天モバイルにはUQmobileのように実質0円でスマホに機種変更出来るキャンペーンをやっていません。

たまにスーパーSALEと題して特定のスマホ機種が半額〜7割引くらいになったりしますが、期間限定です。

なので、docomo回線で使えるスマホを持っていない場合は機種購入代金が嵩んでしまいます。

楽天モバイルの対応機種については下記の公式リンクからどうぞ。

対応端末

混み合う時間帯は1Mbps→300kbps

回線の混雑が予測される12~13時、18~19時は最低速度の1Mbpsを下回り、300kbpsに速度が低下してしまいます。この時間帯だけ高速通信を使う等、各自対策が必要。

LINE等のSNS程度の使用なら300kbpsでも特には問題ありませんが。

キャッシュバックが無い

2018年の6月に入って、スーパーホーダイは料金体系、プラン内容が大きく変わりました。

その中の一つがキャッシュバックの消滅。長期優待2年で10,000円、3年で20,000円をもらえる、というものです。

まぁ、その分2年目の月額料金が安くなっているのでTOTALでは安くなっています。

大手キャリア同様契約解除料が発生する

鬱陶しい契約解除料は、残念ながらこのプランにも存在します。

契約解除料 ¥9,800

2年契約の場合 1年目 ¥19,800、2年目 ¥9,800

3年契約の場合 1年目 ¥29,800、2年目 ¥19,800、3年目 ¥9,800

※2年以上の契約の場合も一律¥9,800になりました。

契約解除する際は、新規契約先プランをよく吟味してから移行しましょう。

初月無料ではない

楽天モバイルと言えば”契約初月無料”のイメージが強かったのですが、こちらのスーパーホーダイプランでは適用されないようです。

新規契約する際はなるべく月初に契約しましょう。

ダイヤモンド会員維持が難しい

初年度の月額が500円引きのダイヤモンド会員になる条件はこちら。

daiya

  • 過去6ヶ月の獲得ポイント数が4000ポイント
  • 過去6ヶ月の獲得回数が30回
  • 楽天カード保有

無理ゲー

と、思っていたんですが公共料金等の月々の支払いを楽天カード払いにすると4000ポイントくらいは何とかなります。月平均で666ポイント(およそ6万円分)稼げば足りる訳ですからね。

アマゾンやスーパーでいつも買っている生活用品等を楽天市場で買えばそれなりのポイントになります。ちなみに楽天市場で買えば1%のポイント還元が付いてくるので、実質3万3350円で667ポイントが付いてきます。

2倍、3倍、10倍のポイントアップキャンペーンの付いたものを購入すればさらに実費を抑えることが可能です。

ちなみに中古のIPhoneSEを調べてた時に出て来たのがこちら。

買い物かご

一発で4,641ポイント!倍々キャンペーンがいかに強いかが分かりますね。

ただ、この方法の注意点として、ダイヤモンドへのランクアップ審査が月初から二日目なので、開通前に早めにランクアップをしておく必要があります。

契約月から500円のダイヤモンド会員割引を適用されたい方は要注意。

鬼門となる30回の回数稼ぎには、楽天totoがおすすめ。

週1回の定期購入サービスを利用して、totoBIGなら一口300円、100円totoなら一口100円から購入出来ます。

楽天toto

週1でtotoBIG2口、100円BIG3口買った例

ちなみにBIGで1等が当たると約6億です。

スーパーホーダイのプランSが約1万6660年ほど契約できます。夢はでっかく行きましょう。

単に回数稼ぎに使いたいだけの方はおみくじを引く気持ちで100円BIGの定期購入を。2億が当たればめっけものです。

楽天会員のランクアップシステム詳細、簡単な昇格方法等は下の記事にて紹介してます!

結局のところ、楽天モバイルはこんな人にオススメ

要約すると、楽天モバイルは今現在こんな人にオススメです。

  • キャリアの高すぎる料金で困っている
  • ゲーム、SNSのしすぎで高速通信容量がよく切れる
  • auやソフトバンク回線で圏外になる

楽天モバイルが他社と差別化しているのは「低速でも1mbpsの速度が出て、使い放題」という点です。

このメリットを活かせる人は楽天モバイルに向いています。

僕は楽天モバイルに変える前はソフトバンクでしたが、料金が4分の1になり、MJモバイルとマイクラPEでの高速通信容量消費を気にする必要が無くなり、ドコモ回線になる事で圏外から解放されました。いい事づくめです。

こんな人はやめといた方がいい

逆に、高速通信容量を多く求める人(アプリのダウンロードでWi-fiを使用できない、動画はHD画質で見なければ気が済まない)には楽天モバイルは向いていません。というか、格安SIM自体向いていません。

3大キャリア契約時に、高速通信容量を毎月20GB以上使っているような人は楽天モバイルでは満足できないと思います。

1Mbpsという速度は決して遅くはありませんが、速い訳でもありません。調べ物や、軽い動画を見るときに「別に不便なく使えるなー」という程度の速さです。

まとめ

総評すると、スーパーホーダイは個人的にはかなり使い心地がいいです。一人暮らしでケータイ代がバカにならない!って方には特にオススメ。

楽天モバイル スーパーホーダイ

総評すると、スーパーホーダイは個人的にはかなり使い心地がいいです。一人暮らしでケータイ代がバカにならない!って方には特にオススメ。

テザリングしてPC使用とかも余裕でいけます。

Softbankを安く解約する方法等も書いてみました。ぜひご覧ください。