iphoneSE2

旧iPhoneSEから新型iPhoneSEに乗り換え、比較して感じた事。

旧iPhoneSEから、噂の新型iPhoneSEへと乗り換えました。

一世代前のSEが発売されたのは、2016年3月。
出る、出ないと何度もデマ情報を流され続け、2020年4月にようやく新型iPhoneSEは発売されました。

4年ぶりのアップデート。

真っ先に手に持って感じた第一印象は……

 

やっぱりデカイ。

 

と言う事です。

それ以外は概ね満点なだけに、すごく惜しい。

小さい液晶のiPhoneニーズは、もはや無いのだろうか……。

旧iPhoneSEとの主な違い

iphonese

新型iPhoneSEは、前々々々々機種であるiPhone8の見た目をそのままに、中身を大幅にスペックアップさせた仕様の、廉価版iPhoneとして登場しました。

廉価版
普及の促進などの目的のために低価格化した商品のこと。
決して品質が劣るわけではない。

5万円のスマホは安いのだろうか、と久々に乗り換えると思ってしまったのですが、最近のiPhoneって10万円以上するシリーズが当然のように出ているので、それに比べれば、と言ったところでしょうか。

  • サイズが一回り大きい
  • ホームボタンが非物理キーに
  • CPU&GPUの向上
  • 防水機能・Felica・ワイヤレス充電に対応
  • イヤホンジャックが無い

サイズ・デザインの変化

iphoneSE2

サイズが第1世代iPhoneSEと比べると一回り大きくなっています。

初代と比べると「持ちにくい」と言うのが正直な感想で、うっかり落とす機会が増えそうです。男の手でそう感じるので、女性であれば尚更ですかね……。

通常の動作ではまず画面上部に親指が届かないため、片手での操作は難しくなります。かなりエキセントリックな持ち方をしない限りは、上部へのタッチは出来ません。

iPhone6辺りから導入している、Reachability(ホームボタン2回タップで画面が下に降りてくる機能)に対応しているため、これを利用すると片手での操作は可能になりますが、第1世代iPhoneSEを利用している人にとっては不満点になる事は間違いありません。

 

その他形状の大きな変更点として、ホームボタンが物理ボタンではなくセンサー式になっています。

こちらに関しては購入前は抵抗がありましたが、数週間使ってみて考えが変わりました。
むしろ今では物理ボタンより気に入っています。

 

筐体が震える事でホームボタンを押し込む感覚が擬似的に表現されますし、違和感がありません。

陥没などの不具合も無くなるため、個人的には良い進化だと捉えています。

CPU&GPUのアップグレード

プロセッサがA9チップから4世代新しい『A13 Bionicチップ』へとアップグレードしました。

筆者の場合、スマホでの操作はLineや電話、ネットニュースなどの閲覧がメイン。
このようなアプリはどれも軽い処理でサクサク使えるため、重めのアプリを起動する機会の無い人は恩恵を感じ難いかもしれません。

 

違いを感じるのは、アプリゲームのプレイ時です。起動時間が断然違います

マイクラ、PUBGなどの重めのゲームは初代iPhoneSEではかなり無理があったらしく、起動時間も遅いですし、カクツキが目立つ場面もありましたが、第二世代iPhoneSEではそれが解消されています。

試しにMinecraft統合版の起動時間を機内モードで計測してみると、10秒以上の差が見られました。

PUBGも同様に比較すると、約5秒と大きなタイム差。
普段、スマホでゲームアプリをする機会が多い方には、大きな恩恵を得られます。

が、iPhoneX以降の機種に比べると薄くて軽い分、バッテリー持ちが心許ないため、常時通信するような負荷が大きいアプリは、現状ではオススメ出来ません。マイクラのマルチプレイや、PUBGで何度もマッチしているとすぐに力尽きます。

その他新しく搭載された機能

suica

目玉となるのは、防水・Felica・ワイヤレス充電の3つの新機能。

特殊なコーティングがされてあるらしく、新iPhoneSEは水を綺麗に弾いてくれます。

旧iPhoneSEも意外と水に強く、風呂ぽちゃをしても大丈夫と言う謎の防水説が浮上していましたが、公式ではもちろん非対象となっていました。

 

旧iPhoneSEには無かったFelicaも導入されています。

交通系ICカードや、スーパーなどで使える楽天Edy、nanacoなどの電子カードも利用できるようになるため、財布の圧迫から解消されます。

iPhoneXS以降の機種から進化した第2世代Felica『予備電力機能付きエクスプレスカード』なため、バッテリーが切れた後でも4時間くらいならゲートを通過できます。

 

個人的に便利に感じたのは、ワイヤレス充電機能。

ケーブル充電よりも満充電までの時間が遅いのが難点ですが、ケーブルを挿す手間すら惜しい筆者はかなり重宝しています。

旧iPhoneSEユーザーに伝えたい事

iPhone7,8ユーザーであれば、間違いなく買い替えをお勧めできる一機種です。

が、旧iPhoneSEユーザーには自信を持って「乗り換えた方がいい!」と言う事は少し難しいですね……。

 

バッテリー持ちがそろそろヤバイ、って人は乗り換えた方が良いかもしれませんが、恐らく僕と同じようにサイズに違和感を感じる人が多いでしょう。

上述したスペックの進化、新機能の追加などを考えると”買い”ですし、現に最近までは新型iPhoneSEをゴリ押ししていました。

 

そう、最近までは……。

僕が新型iPhoneSEを購入して後悔したのは、次期iPhoneのとある”噂”を耳にしたからです。

 

次期iPhone12は、リーク情報によれば全4機種。

その内の”mini”と仮称されているiPhone12は、外寸が第二世代iPhoneSEより小さくなるという話です。

 

  旧iPhone SE 新iPhone SE 12 mini(仮称)
縦×横 123.8×58.6mm 138.4×67.3mm 130.81mm×63.75mm
高さ 7.6mm 7.3mm
スペック A9 A13 Bionic A14?

 

iPhone6以降からの丸みの帯びたデザインも無くなり、旧iPhoneユーザーにとっては懐かしい角ばったデザインへの回帰というおまけ付き。

 

……Appleに言いたい。

 

こっちがiPhoneSEって名前で良かったんじゃないか?

 

現段階では噂に過ぎないため実際に発表されるかは不明ですが、もしリーク情報が本物だとすると、小さいiPhoneを泣く泣く諦めて新世代iPhoneSEに乗り換えた僕のようなユーザーは、泣かされる羽目になりそうです。

というわけで、現在旧iPhoneSEを利用していて、次に使う機種も小さめの機種が良い!って人は、”待ち”をオススメします。

air Pods
Apple with Wireless Charging Case
 

関連記事