uqモバイル

1万円キャッシュバック&機種代0円!UQモバイルに乗り換える時はキャンペーンをチェック!

uqモバイル

テレビコマーシャルで頻繁に見かけるようになり、盛り上がっている格安スマホ業界。

数多い格安スマホ会社の中でも珍しく、UQモバイルはWEB代理店を通して機種代0円&1万円キャッシュバックを特典として他社からの新規顧客を集めています。

2年くらい前にそういうキャンペーンやめようね、って事で総務省が一括0円とキャッシュバック制を廃止させたという話を聞いたんですが、キャリアだけに適用された話なのかな……。

と思って調べてみたら、代理店を通せばグレーゾーンみたいな感じらしいです。表面上の文面から規制の穴を突いて実現させているみたいですね。昨今のパチスロ機と同じような現象。要するにイタチごっこっすね。

前置きはこんなとこで、今回のキャンペーンの詳細を紹介していきます。僕も気になる事が多々あったので、電話して色々と聞いてみました。

結局端末代込みの月額がいくらになるか、注意点とかその辺をまとめてみます。

あ、WEB代理店のアドレスだけ教えろってせっかちな方は下記リンクからどうぞ。

UQモバイル正規代理店

機種代0円で乗り換え可能な端末

uq-yasui

上記の通り、UQモバイルは特定のWEBサイトを通してなら機種代0円で乗り換えが可能。

公式ページではそのようなサービスは行なっていないので注意してください

今現在ですと、一部ガラケーを含む6機種から選べます。

  • AQUOS sense
  • P10 lite
  • AQUOS L2
  • DIGNO W
  • BLADE V770
  • DIGNO Phone

arrows M04 PREMIUM と nova2 は月額500円掛かってしまうので注意。

iPhoneは残念ながら入っていません……。どうしてもiPhoneを使いたいappleユーザーはAmazonや楽天モバイルなどを通してSIMフリーのものを購入しましょう。

SIMのみでの申し込みでも、7,000円のキャッシュバック&初期費用無料といった嬉しい特典があります。

iPhone8
国内版SIMフリー

端末0円とキャッシュバックは併用?

端末0円になったらさすがにキャッシュバックはないんじゃない?と思って問い合わせてみたんですが、このキャンペーンでは両方とも適用になるみたいです。

機種が無料な上に1万円以上のキャッシュバック!かなり大きいです。

キャッシュバックを受け取る際には注意点があるので、下記条件を確認してから申し込みましょう。

キャッシュバックの概要

  • クレジットカード払いである必要がある
  • SIMのみの場合は7,000円
  • 特定のウェブページ限定

支払い方法が口座振替の場合、キャッシュバックは対応していません。必ずクレジットカード払いを選択しましょう。

また、新規契約をする際に機種を選ばずSIMのみを契約した場合は11,000円〜のキャッシュバックが7,000円+初期費用(SIMパッケージ料金3,000円)無料に変わります。

契約の流れ

UQモバイル正規代理店

上記リンクからホームページへ。UQモバイルの公式ホームページからでは申し込みできない点に注意しましょう。

uqキャッシュバック

『端末セット・SIMのみを申し込む』というボタンから申し込みフォームへと進みます。

また、他社から電話番号をそのままで乗り換えをする際にはMNP予約番号が必要になります。こちらも事前に現在使用している携帯会社に問い合わせをして用意しておきましょう。

(1)契約形態の選択

uqnorikae

新規契約、SIMのみ、端末付きMNP、SIMのみのMNPの4つから選択できます。

MNPを希望する際は選択後、電話番号や有効期限などを入力します。

(2)料金プランの選択

料金プランはおしゃべりプラン・ぴったりプランの2種類と、S・M・Lのデータ容量を選択できます。

osyaberi

個人的には5分間の電話が何度でも掛けれる『おしゃべりプラン』がオススメ。

データ容量は各々自分にあったものを選びましょう。

(3) お支払い方法の選択

uq-shiharai

支払い方法は必ずクレジットカードを選択しましょう。

口座振替はキャッシュバックに対応していません

まだクレジットカードを持っていない場合は、これを機に作っときましょう。個人的には楽天カードがオススメ。楽天市場等で使える5,000円~10,000円以上のポイントが新規特典でついてきます。

楽天カード

 (4)希望商品の選択

uq-yasui

続いて希望商品の選択。SIMのみで契約する方はスルーで結構です。

上記機種から、自分のお好みの機種を選択します。月額0円と書いてある機種が、端末代0円で乗り換えが可能な機種です。

支払い方法は、24回払いか一括払いの両方から選択できます。

「0円の機種に支払いの選択っておかしくね?」と疑問に思ったのですが、一括払いを選択すると月額料金が端末代金分(マンスリー割分)を引かれた価格になるみたいです。

例えば、DIGNO W を一括払いで購入した場合、初月に端末代金の37,692円を支払い終えた後は、37,692円を契約期間内(2年間)で還元してくれます。

最初の出費は大きいものの、1年目の月額料金が572円という破格の数字に。

ただ、最初の代引き手数料が400円ほどアップするのであまりオススメしません。

(5)増量オプションの選択

初期の選択は『増量オプションを申し込む』に選択されていますが、これはこのままでOK。

キャンペーンで「2年間高速データ容量2倍」が無料になるので、迷うことなく選択しましょう。

(6)サポートオプション&アクセサリーの選択

サポートオプションは、端末保証やメール(uqmobile.jp)が利用できるオプションを選択できます。メールはgmailなどで事足りている方は特に選ばなくてOK。

端末が壊れた時に不安な方などは、各々必要なオプションを選択しましょう。

アンドロイド用の充電器を持っていない場合、アクセサリー選択の充電器ケーブルは必須です。

(7)選択内容の確認へ

お疲れ様です。これで一通りの契約は終了。

後は月額料金の確認や、オプションなどの不備を確認してから契約を完了しましょう。

uq-shiharai

確認画面で支払い金額が確認できます。

最後に

以上、UQモバイルのお得なキャンペーンの紹介でした。

ここまで紹介してなんですが、個人的には端末をすでに持っている場合は楽天モバイルの『スーパーホーダイプラン』をオススメします。

高速データ容量を使い切っても1Mbpsの速度が出る素晴らしいプランです。

UQモバイルのデータ容量で事足りる方はUQ一択。速度と乗り換え時のコスパだけで言うと楽天モバイルの完敗ですからね……。