piste

スキー場で働くメリット&デメリット。オススメの住み込みバイトの探し方

piste

10月中旬。

年末になると特に理由も無いのに焦る気持ちになるのはなんででしょうね。

肌寒くなると同時にスキー場でのリゾートバイトの先行募集がスタートしました!

ってわけでスキー場のバイトのメリット&デメリット、良いバイト先の探し方と、気になる疑問等をまとめ。

スキー場のバイトの特徴とメリット&デメリット

  • リフト券が無料&滑り放題
  • 寮・食事等の費用も無料
  • 同じような派遣さんが多い
  • 1ヶ月以内の短期の案件も多い
  • 全体的に高時給

メリットはこんなとこ。

9割方の施設はリフト券&機材レンタルが無料

何よりも嬉しいのが無料で滑り放題なところ。スキー&スノボーが上手くなりたいって人にはベストな環境です。

場所にもよると思いますが、僕が派遣された2件の施設はスノーボード(スキー板も)のレンタルが無料、ウエアも無料でした。派遣に行くために必要なものは日常生活で過ごす服くらいです。見た目を気にしない方はボードや服は現地調達でOK。

寮費や食費等も無料なところが多いです。今(2018年10月現在)アプリさんで先行募集してるとこは殆ど無料な上に交通費もついてるようですね。

会社によってはこれらの諸経費を渋るところもあるので、案件を探す時はよく見ましょう。この辺はあとでまとめます。

一緒に働く人はほぼバイト

個人的には派遣で来てる人が多数いる事が一番嬉しかったですね。スキー&スノボーという共通の趣味を持つ人達が集まるわけですから、必然と仲良くなります。同じ派遣だから距離感も近いしね。

距離が近すぎてくっついちゃうヤツとかも出てきます。

住み込みの寮は男女別の棟になってる事が多いので、大抵のカップルは休日に山を降りて一泊した後に再び登山。

稀に自部屋連れ込む強者も出てきますが、バレると強制送還になるので気をつけましょう。

全体的に高時給&短期

気のせいかもしれませんが、時給が数年前と比べて上昇しているように感じます。時給1000円超えの案件はゴロゴロ転がってます。人、来ないんですかねぇ……。

また、1ヶ月以内の短期の募集も多数あるので、休みの間にちょろっと行きたい大学生にはめちゃくちゃオススメ。

元々スキー場での案件は冬の間の限定的な仕事なため、長くても半年以内。パパッと稼いで帰れるのも大きなメリットです。

続いてデメリット。

  • 寒い
  • 周囲に雪しかない
  • 職種によっては中抜け勤務

周囲には何も無い。雪しかない。

skiing

当然ですが、雪山での勤務になるのでクッソ寒いです。

最初のうちは見慣れない雪にはしゃぎますが、そのうちいつの間にか作られている雪だるまにラリアットをかましたくなります。

暖房の効いた店内などでの業務なら問題ありませんが、リフト等の業務は当然野外中心の作業。力仕事をしている間はまだいいですが、ある程度体が休まった時に急激に来る冷えはキツイものがあります。

また、ゲレンデは当然ながら山の中腹あたり建てられるので、普段日常生活で利用しているような店は存在しません。

コンビニはもちろん、スーパーまで行くのも一苦労って施設が多いです。ってわけで自炊はキツイです。

冷蔵庫等は用意されているところが多いので、出来ないってわけではありませんが、個人的にはやる気はしませんでした。食費が出るため、食堂で食えばタダですからね。

また、場合によっては中抜け勤務が存在します。

レストラン関係は特に多め。一日中営業している店は少ないため、昼終わった後に中抜け、夜にまた働くという感じの勤務体系。一日に二回働くのは結構憂鬱なので避けましょう。

スキー場の良案件を探す際のポイント

snow

ただ単に案件を探すだけならWEB上にゴロゴロ転がってます。

しかし、同じような仕事をしているのに給料が違ったり、交通費や食費が出なかったりと、案件によって差が出てしまうのがリゾートバイト。案件を探す際に注意して見るポイントがこちら。

  • 交通費・食費・寮費補助の有無
  • 個室等の住み込み環境
  • 時給&勤務体系
  • 業種

各種待遇と住み込み環境

滞在中のリフト券は大抵の案件で無料になりますが、交通費や食費等は会社によっては出ません。リゾバ会社によってかなり差があるので、慎重に探した方が賢明です。詳細は下記記事にて。

周囲にほぼ何も無い雪山に閉じ込められる形になりますので、働いて貰えるものは貰っときましょう。

また、住み込み環境も精神的な意味でかなり重要。

相部屋は最初のうちこそ楽しいかもしれませんが、そのうち間違いなくストレスになってきます(経験談)。

時給は業種によって異なりますが、リフトの場合850円~1200円とばらつきがあります。

大体1000円くらいが平均で、1200円の案件はあまりありません。

別記事でリゾバ派遣会社の詳細はまとめていますが、高時給や待遇だけで言うとグッドマンが一番で、その次にアプリリゾートが良案件を紹介しています。連絡が繋がりにくくイライラさせられるのが難点ですが……。

とりあえずリゾバ初体験って方はグッドマンが運営するリゾートバイト.comから探してみましょう。

貯金するならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

業種と勤務体系

winter-holiday

ゲレンデに来た事がある人は分かると思いますが、主に下記のような業種があります。

  • リフト係
  • チケット・レンタル係
  • インフォメーション
  • レストラン
  • ゲレンデにあるホテル業務

リフト係

一番人気、と言うか単純に人手が多く必要な係。全体的にテンションが高めの人が担当します。

スキー場利用客を頂上へと送るためにリフト近辺にいる人です。乗客、降客補助とリフト操作が主な仕事。と思われがちですが、雪の除雪作業なども手伝わされる事が多いキツいポジション。天候状況によってはリフトはついでで雪かきメインになります。雪かき係です。

除雪作業は結構な力仕事ですので、体力に自信が無い人はやめときましょう。

チケット・レンタル係

単体の業務で一番楽だと思われるのがチケット係

子供・シニア・一般で値段は大抵のゲレンデで固定されているので、覚えることも大してありません。何より、暖房の効いた部屋で座りながら働けるのが最高。

が、楽すぎて他の部署へとヘルプに回される事がある多々あります。

レンタル係は、「貸し出し」と「返却物の整備・片付け」が主な仕事。

貸し出しは利用客が提出する申請用紙を見て、合致するサイズのものを選ぶ機械的な作業なのでとても楽。

返却物の整備は破損個所の確認後、ブラシを使って汚れを落とし簡易ワックスを塗るだけの簡単なお仕事。

仕事内容は楽なものですが、ほとんどの場所で野外同様寒い事と、レンタル品が大量に来ると残業が多めになる点がデメリット。

インフォメーション

スキー場内にある受付で、利用客の問い合わせに対応するお仕事。

紛失物預かり・迷子の呼び出し・各施設の案内などが主な業務になります。外国人利用客が多いところは語学能力を活かせる場になります。

チケット係同様、室内で座ってぬくぬく出来るので比較的楽。

レストランスタッフ

ゲレンデ内でのお食事処の仕事。勤務内容は飲食店のバイトとほぼ同じです。

派遣サイトの案件での募集は「調理」「調理補助」「フロア」の3つに大別されますが、各能力に見合ったものを選びましょう。

スキー場の案件に限らず、レストランスタッフの案件は中抜け勤務が多いのがデメリット。中抜け勤務が無くて飲食店でのバイト経験がある場合はめっちゃオススメ。

直接応募だけは避けといた方がいい

スキー場での案件に限った話ではありませんが、直接応募だけはやめといた方がいいです。時給が全く違います

派遣スタッフとしてリゾバへ行くと、派遣会社が仲介に入るから時給とか安くなるんじゃ?と考えそうですが、現地のバイト員に時給を聞くと気の毒になるような低賃金で働かされている事が多いです。

なので、間違っても派遣先で現地バイト員に「時給いくら?」とか聞かないようにしましょう。仲が悪くなります(体験談)。

派遣会社の選び方はこちらから。



数社ほどwebで登録しておいて、それぞれの会社から案件をもらっときましょう。