学校のフィルタリングの抜け道、aguse gateway

今、学校のパソコン室にいるんだけど、どうしても今日中にアダルト規制されているサイトに入らなければいけない。

が、厄介なフィルタリングに邪魔されて何も見れない……。ググってみてもVPNやらIPアドレスやらで何を言ってるかわからん、と諦めている学生さんはいませんか。

 

そんなあなたに、簡単に閲覧する方法を紹介。

aguse gatewayって?

調査したいサイトのURLや受信したメールのメールヘッダーを入力することにより、関連する情報を表示するサービスです。

自分たちの代わりにサイトへ飛んで行って、サイトをキャプチャリング表示してくれる素晴らしい機能を持っています。

用途としては、ダイレクトメールや如何わしいウェブサイトのアドレスを、一旦aguseを経由することで危険を回避することができます。

つまり、サイトを開いたらパソコンが止まって、『あなたは〇〇人目の当選者です』とか、『登録完了しました』とか、よく見るポップアップ詐欺を回避することができます。経由することで、ウイルス感染も防いでしまう。この辺が最大のメリットですね。

なので、会社や学校でエロサイトを見るためのシステムではありません。決して。

使用方法

サイトへ飛んで、左上にURLを入れるだけ。

※サイトによっては多少時間がかかります

サイトのキャプチャリングが終わると、普通のブラウザとあまり変わりなく操作が可能です。

「最長〇〇分待つ」なんて項目がある時点で察せられますが、サイトの情報量が長く、自分の使っている回線が遅い場合、滅茶苦茶時間が掛かります。

先生に見つかりそうになったら叫びながら電源ボタンを長押しして誤魔化しましょう。

デメリット、というか気をつけなきゃいけないこと

ダイレクトメールのURLを踏むのだけは、なるべく避けましょう。

と言うのは、この手のメールのリンクを一度踏むと、すでに向こう側に行き渡っている自分のアドレスがカモ扱いされることになるからです。メールを開いてくれる優しい人だと勘違いされ、鬼の様に追伸が来る可能性があります。

 

それと、画像を一度撮ってからこちら側へ表示してくれるわけですから、どうしても表示速度が遅くなります。リンクが少しずれてたりね。そこらへんの点はご愛嬌。

 

おしまい。

関連記事