3idiot

感動したい人に観て欲しい、『きっとうまくいく』レビュー

3idiot

レンタルビデオ屋とかでやたらとゴリ押しされていた『きっと、うまくいく』

 

「イイヨォ、これ。 泣けるよぉ」

と、ホモの友達から紹介されて以来ずっと敬遠していたが、つい先日U-NEXTで観てイイヨォ、となってしまった。

 

インドの大学生が展開する、笑って泣ける友情ドラマ。必見っす。

きっと、うまくいく
型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。笑って泣けるインド映画。

あらすじ

 

大学時代親友同士だったファランとラージューは、ある日同窓のチャトルから母校に呼び出される。チャトルは二人に、ランチョーというかつての学友の消息がつかめたことを話し、探しに行こうと持ちかけるのだった。

10年前、インド屈指の難関工科大学ICE(Imperial College of Engineering)。それぞれに家庭の期待を受けて入学してきたファランとラージュー、そして自由奔放な天才ランチョーの三人は寮でルームメイトとなる。何をするにも一緒の3人はしばしばバカ騒ぎをやらかし、学長や秀才だったチャトル等から”3 idiots”(三バカ)と呼ばれ目の敵にされていた。

物語は10年前の大学におけるエピソードと現代のランチョーを探す3人の旅を織り交ぜながら、やがてファラン達も知らなかった彼の秘密に迫っていく。

-Wikipedia-

 

ざっくりと紹介すると、

大学卒業以来10年間音信不通になっていた友人「ランチョー」に、過去を思い出しながら会いに行く話。

 

回想では、学長の掲げる競争社会制度に不満を覚えるランチョーを中心に、楽しく学生生活を送るファラン、ラージューであったが、それぞれの家庭の事情から、仲違いを起こすことも。

 

主な登場人物

 

ランチョー

3バカの一人。競争社会に意見する、自由奔放な青年。根っからの科学好きで、大学内では常に首席。物怖じしない性格ゆえにトラブルを持ち込みやすく、個々の成績のみを重視する学長とチャトルとは度々衝突する。

モットーは「きっと、うまくいく」

 

ファラン

3バカの一人。平凡な家庭に生まれ、赤子の頃から両親にエンジニアになる事を決められている。大学生になるまで反抗せずに生きてきたが、写真家で生計を立てたいという夢をランチョーに見破られる。

 

ラージュー

3バカの一人。貧困層の家庭に生まれた苦学生。家族を心から愛しており、卒業後に良い就職先を見つけて家族を養う事を目標にしている。

 

学長

ICE学長。競争主義教育の権化であり、自らの教育方針に異を唱えるランチョーを目の敵にしている。

 

チャトル

学長を支持する、成績優秀な学生。ランチョーとは正反対の性格で、自分より成績の良い彼を敵視する。

 

学歴というステータスに悩む青春劇

 

学歴が非常に重要なステータスとなるのは日本でも言える事ですが、つい最近まで続いていたカースト制度が未だに根強く残るインドでは、その傾向は特に顕著になるようです。

 

さらに言えば、舞台となる大学はインドが最も力を入れている分野であるITを専攻する工科大学。この映画で在校しているのは、厳しい受験戦争を勝ち抜いて来たエリートな訳ですが、学長はそんな受講生の中でもさらに競争させようと入学初日に叱咤します。

競争社会を支持する学長と、競争社会に疑問を抱くランチョーは常に対立してばかり。

自由奔放で成績優秀なランチョーは我を通せますが、対照的に最下位ワンツーフィニッシュであるファランとラージューは悩むことになります。

 

そんな環境の中で、三人の間に葛藤が生まれて、友情を深めていくところがこの作品の一番の見所かと。

 

笑いより感動要素の方が印象に残る

 

原題(3 Idiots)の通り、ランチョー、ラージュー、ファランの三人がおバカな事をして周りを巻き込むドタバタコメディーになっていますが、最後まで映画を観ると3回ほど泣ける要素が……。

比較的涙もろい方ですが、鑑賞中に3回以上うるっと来たのはこの作品が初めてです。まぁ、映画自体が3時間近くと長いからという理由もありますが。

近所のTSU○AYAのPOPで書かれてた作品紹介には、『爆笑必須!痛快コメディー』としか書かれていなかったため、完全に不意打ちでした。ちゃんと店員観てんのかな?

 

個人的に一番泣けたシーンは、後半のラスト近く、ランチョーと学長の間のやりとり。

3idiots-rain

映画の最初の方で予想はしてたものの、雨に打たれるランチョーの表情にやられて、ティッシュを使う羽目に。ランチョー役のアーミル・カーン(Aamir Khan )さん、本当に良い演技ですね。ちなみに、一昨日(3月14日)の誕生日で53歳になられたみたいです。おめでとうございます。

 

前述した通り、この映画は3時間と少し長め。

けれど、「ランチョーの行方を探す」というミステリー要素を含む現代編と、3人の友情を描く過去編を交互に織りまぜる事で、先の事が気になっていつの間にか時間が過ぎてます。先へ先へと飽きさせずに視聴者側を誘導させる映画の流れは見事ですね。

 

 

最後に

どうでも良い話ですが、僕にこの映画を紹介してくれた友人に好きな登場人物を聞くと「ファラン」と即答されました。丸顔がタイプのようです。

 

個人的にはラージューあたりがイケメンかな、と思っていたのですが分からないものですね。

 

U-NEXTかHulu、アマゾンプライムであれば、新規登録をしてない方なら無料トライアルで観れるので、この際にどうぞ。

 

Hulu