縛られたアミさん

アミ、決死のお色気作戦。ルパン三世PART5-第13話『弓と王女とテロリスト』ネタバレあらすじ&レビュー

縛られたアミさん

いつの間にかEPISODE3に入っていたルパン三世PART5。

アルベール編ほどの盛り上がりは無いものの、アミさんの再登場と先の読めない展開で相変わらず楽しませてもらってます。

さて、エピソード3ではキーパーソンとなる新しい女の子が登場します。

僕はアミさん派です。一番は不二子だけどね!

13話のネタバレあらすじ

舞台は全寮制の女学園、アヌシー女学院。

 

やんごとない女生徒たちの中で、「ハロー、アンダーワールド」と訳の分からない独り言を呟いて学校のセキュリティに侵入するアミ・エナンは、完全にボッチになっていました。

 

ぼっち飯を食おうとしてる中、校庭に「何やってるの!?」と女生徒たちの悲鳴が響きます。

 

doruma

何やってんの?

アミかわいい

校庭で弓を構えるやべー奴に、さすがのアミも若干引いてます。

この女の子が今回のお話のキーパーソン、ドルマ。

 

カラスを射止めて噴水に吊るす彼女も、当然ながら友達と呼べる存在はいないようです。

 

アミ「検索……カラス 死骸 吊るす

 

奇行の理由を知ろうとググるアミ。どうやら食用として仕留めたのではなく、カラス避けとして利用するようです。なら仕方ないね。

 

弓騒動のあと、校庭にはさらにボヤ騒ぎが。

「火事?何、あれ?」と女生徒の困惑の声。

 

ドルマ鍋

 

何してるの?

アミかわいい

 

他人の事など気にせず、自分のスタイルを貫いて校庭で鍋料理を作るドルマ。

鍋料理をご馳走になり、なんやかんやでアミに初めての友達ができます。

 

ドルマは、パダール王国という国からの留学生。その首には、今回のルパンのターゲットである『血と涙の雫』がぶら下がってます。

 

ルパン側も段取りが進んでいるようで、不二子は既に女教師として学園に潜入済み。色っぽい。

Sponsored Link

時が少し進んで、授業中。学園には怪しい影が忍び寄ります。

アヌシー学園とテロ

 

校門付近に停まった観光バスを訝しむアミでしたが、原因を探る前に電波妨害を受けて困惑。

そうこうしている内に、学園は武装テロ組織『解放の鯨』に占拠されてしまいます。

テロ組織の狙いは捕まった仲間の釈放と身代金、といった所。ハッカーとして裏世界では有名なアミは、利用価値があるとみて同様に捕らえられてしまいます。

捕らえられたアミ

 

アミのハッキング能力を熟知しているようで、匠の技で口を塞ぐ解放の鯨。

SM10点セット
ハロー、アンダーワールド

恐怖を感じながら、なんとか脱出を試みようとするアミ。そんなアミさんの取った行動は……

アミの色仕掛け

まさかの色仕掛け

 

ア「縛られたままじゃ、楽しいことも出来ないでしょ……?」

 

ネットで得た知識を駆使して、お色気作戦に出るアミ・エナン。

 

 

がっ……駄目っ……!

アミはまだ、世の中には色々なプレイがあることをある事を知らなかったようです……。状況を自ら悪くしてしまいます。

絶体絶命のピンチに陥るアミの元に、不二子が颯爽と助けに入ります。

 

縄を解く条件として、アミに仕事を手伝わせようとする不二子。目的がドルマの首飾りである事を知り、もちろんアミは拒みます。

 

ア「私に泥棒の真似をしろって!?」

不「縄に縛られたままじゃ、楽しいことも出来ないでしょ?」

 

赤面アミ

 

不二子の容赦の無い煽りに、一部始終やりとりを見られていたと知り赤面するアミ。可愛い。

 

ここのやりとり、すごく良いですよね。ルパンっぽい。

 

結局、生徒全員を救うことを条件に不二子に協力することになったアミ。

電波妨害を受けているため、有線接続で校内のネットワークにハッキングをし、監視カメラで敵の位置を把握。

校長室にドルマが囚われている事を知り、早速不二子が仕掛けにいきます。

色仕掛け不二子

本家本元。

ここから制圧までの流れは、文章で表現しにくいですね……。いや、R18とかそういう感じじゃないんですが。色仕掛けだけじゃない、不二子の鮮やかな制圧は必見です。

ルパンを無料で。U-NEXT

一方、ルパン一味サイド。

ひっそりと外から侵入したルパン達は、学校に潜んだ武装集団を難なく制圧。今回ルパンの出番あんま無いっすね……。

 

制圧された校長室に、生徒の安否を確認しに駆け込む一人の教師。

マクガイア

あ、この人、この回の冒頭からちょくちょく出てきてたマクガイアさんです。紹介するの忘れてました。

 

その姿に気づくと、ドルマたちに男から離れるよう指示する不二子。最初から教師としての存在を怪しんでいたようです。

不二子に素性を聞かれ、割とあっさりとCIAであると明かします。

 

マクガイア「ドルマ王女、パダールをお救いください」

 

マクガイアの言葉に一同が困惑する中、次の回へ。

次回の舞台はパダール王国

次回のタイトルは『王国の盗み方』

ルパン一味は首飾りをターゲットに、アミはCIAに連れ去られたドルマ王女を助けに、パダールへ。

アルベール編みたく、考察するところが無くて少し寂しいですね……。

 

今回の見所は、やっぱりヒロインのアミかな。

初回登場時と比べて、笑ったり怖がったり、照れたり縛られたりと、色々な表情を見せてくれるのが印象的でした。

 

最初感情の薄い子が、どんどん表情豊かになっていく所って、なんか良いよね。綾波レイみたいな。

分かるわーって人、ぜひエヴァを観てください。

最近見始めたんですが、意味分からん所がありすぎて頭が爆発しそうです。昔のアニメって難しいね……。